当院は新型コロナウイルスの検査を行う医療機関ではありません。ウイルスの拡散を防ぐために換気や空気清浄機の使用、手指の接触する設備のアルコール・次亜塩素酸での消毒を行っておりますが、完全には院内感染を防ぐことができない状況です。発熱している場合、新型コロナウイルスの感染か、インフルエンザなど他の感染症なのかがわからないため、他の方に感染させてしまうことがあります。そしてもし発熱している方が新型コロナウイルス陽性であった場合、接触した方からさらに感染を引き起こすかもしれません。スタッフも感染する可能性があり、スタッフの家族へ感染が拡大することもありえます。以上のことをふまえ、これから新型コロナウイルスが収束するまでの間、院内での発熱した患者さんの診療は非常に困難だと思います。発熱していない患者さんが安全に通院できるため、以下のことを守っていただきますようお願いいたします。

 発熱している患者さんに行っていただきたいこと

  • 37.5度以上の発熱がある場合、直接来院せずに電話にてご確認下さい。
  • 来院時の検温で37.5度以上の発熱がある場合は、一旦駐車場・車内で待機していただきます。場合により車内で待機したまま診察をすることがあります。
  • 新型コロナウイルスに感染していないか心配な方は当院では対応できませんので、桑名保健所(0594-24-3619)で相談のうえ検査を行っている医療機関の受診をお願いします。
  • また新型コロナウィルス流行地域への渡航、国内流行多発地区への往来、感染者との濃厚接触といった、感染の可能性が高い場合も当院での対応はできませんので、桑名保健所(0594-24-3619)で相談のうえ検査を行っている医療機関の受診をお願いします。